よさこいとは

よさこいとは 簡単に言えば、それは鳴子踊りです。

よさこいの起源は、昭和28年に高知商工会議所が中心となって、徳島の阿波踊りに負けない祭りを作りたいと考案されたことが始まりです。

その際に、素手で踊る阿波踊りに対抗するために、何か良いものはないかと考えられた結果、当時高知の田んぼで雀追いの道具として使われていた鳴子を使って踊ることになったわけです。

そう、素手に対抗して鳴子を使うことになった・・・素手に対抗・・・素手ではいかん・・・・ それがよさこいの特徴となっています。

したがって、鳴子の響きこそがよさこいの真髄とも言えましょう。是非、踊り子の手から生まれる鳴子の響きを通して、よさこい情緒、雰囲気をお楽しみください。

また、全国各地で行われているよさこいでは使用される楽曲にその地域で歌い継がれ、引き継がれてきた民謡をワンフレーズ以上取り入れるものとしている場合が多いようです。

地域の民謡、地域のこころを大切にする、そんな思いがよさこいを燎原の火の如く全国に広めた所以でもありましょう。

その点、富山は世界遺産の五箇山地方に生まれた「麦や節」「こきりこ節」「といちんさ」を始め、全国有数の民謡の宝庫であります。 それぞれのチームが工夫を凝らした楽曲の中に含まれる民謡に耳を傾け、踊りとともにお楽しみください。

さらに、パレード(流し踊り)こそがよさこいの本来の姿、祭りそのものと言えましょう。全国的にメジャーな祭りはみんな流し踊りがメインです。富山で言えば八尾のおわらがそうです。曲の切れ目なく流し踊り、まさに沿道の観客と一体となります。

よさこいのパレードでは、よく観客からスタッフに「せっかく見に来たのに、私たちの前はなんで踊らないで通り過ぎるの?」と訊かれます。 一曲終わって汗を拭って、衣装を調えて暫く休んでから再開するよりも、ずっと流し続けるほうが、祭りらしく、沿道の観客にとっても楽しいもの となります。

華やかで設備の整った舞台も祭りの要素の一つですが、それ以上に踊り子と観客との距離が近く、見ている人が思わず一緒に踊りだしたくなるような盆踊り的な流し踊り、ループ踊りを是非お楽しみください。

トップページよさこいとはチーム紹介これまでの歩み事務局便りお問い合わせリンク